【再就職活動編1】いろいろな手続きのため、ハローワークへ。

再就職活動編

こんにちは。けいぞうです。

大型自動車免許を、無事、取得し、合宿から帰宅しました。10日ぶりの我が家です。誰も待っていない自宅ですが、やっぱり、自宅がいいなんて感慨も、一瞬だけわきます。が、すぐに、現実に引き戻されます。

 

翌日、早速、ハローワークへ。

合宿から帰宅した翌日、求人登録、失業保険の申請 及び 教育訓練給付金の申請のため、ハローワークに出向きます(退職した会社からの離職票は、合宿期間中に届いておりました)。

大型自動車免許を取得した達成感も、10日間の長旅の疲れを癒す時間も、現状の私には、一瞬だけで十分です。現在、無職・無収入状態。私の場合、自己都合による退社なので、失業保険が支給されるのは、約3ヶ月後(12月後半)になります。多少の生活資金があるとはいえ、無収入状態は、精神的にも、あまり良くないです。また、希望する会社への再就職までの過程は、下記のように、最短でも、概ね、約1ヶ月くらいは要すると見込まれます。さらに、最初の1ヶ月間で、運よく就職できたとしても、就職した会社で給料が入金されるのは、1ヶ月間、働いた後になるので、約1.5ヶ月くらいは、無収入になります(直近の会社の最後の給料を考慮して)。

1)就職を希望する会社に、履歴書等の書類を送る

2)希望する会社にて、書類選考 → 約7~10日

3)書類審査が通り、面接する → 面接日の調整で、3~7日?

※2次面接があるなら、さらに日数を要する

4)希望する会社にて、採用選考 → 約7~10日

5)めでたく、採用。入社日の調整 → ?日

※入社日を就職した会社の締め日に合わせる。または、人手不足なら、翌日からということも。

また、上記「2)希望する会社にて、書類選考」の期間が、とても長く感じます。中には、選考結果を、なかなか返信しない遅い会社もあります(ハローワークが催促するようですが)。生活資金に余裕のある人はこの期間を待てばよいのですが、大半は、そのような余裕がないと思います。仕方がないので、この期間を利用して、さらに、求人を検索し、別の希望する会社に書類を送付するという複数の会社に応募する方法をとります(今回も、私はこの方法をとります)。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」方式の乱暴な方法ですが、就職は、運の要素が大きいと思っております。求人票やホームページからは、その会社の内情までは分かりません。入社して、どの部署に配属されるか、配属された部署にどのような上司、同僚がいるかは、入社するまで分かりませんので。中には、求人票での賃金、労働条件と違う悪い会社の場合もあるようです。ですが、これは雇う会社側にもいえることで、履歴書等の書類や1~2回の面接で、その人の本当の姿は分かるはずもなく、これも運の要素が大きいと思います。

さて、求人登録、失業保険の申請 及び 教育訓練給付金の申請が、無事、終了しました。いよいよ、再就職活動のスタートになります。

 

今回のまとめ

今回は、大型自動車免許の取得という目標がありましたので、直近の会社の退職後に、再就職活動をスタートさせましたが、通常は、もっと早く、退職願いを提出して、退職日が決まったあたりから、余ってる有給休暇の消化を利用しながら、再就職活動をスタートすると思われます。あるいは、在籍中の会社に不満、不安を感じたあたりから、少しづつ、長期的に、転職活動をスタートする場合もあると思われます。それは、その人の置かれている状況等で、ケースバイケースと考えます。

しかし、ハローワークでは求人検索だけでなく、いろいろなサービス、相談窓口があるようです。履歴書、職務経歴書等の作成方法の支援、職業訓練等の早期就職の支援、教育訓練給付金等の各種助成金制度、等々。これらを上手く活用することで、早期就職、より良い会社への就職が可能なのかもしれません。

では。

断酒、25日目です。

体重が、2kg、減りました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました