会社を辞めた。私のプロフィールとこれからの事

プロフィール

こんにちは。けいぞうと申します。

8月31日付けで、会社を辞めました。

このブログは、52歳の冴えないおっさんが、再就職までの道のりが

メインテーマとなります。

今回のブログは、私のこれまでの職歴等、プロフィールになります。

 

これまでの職歴

私は、これまで、約30年にわたり、電気・電子業界の業務に携わってきました。

キャリアのスタートは、技術職として、約5年間、プログラミング等の技術業務を経験し、

その後は、営業職として、約25年間、商社、メーカーの営業業務を経験し、その間、中国での海外赴任も、約4年間、経験致しました。

この約30年間で、渡り歩いた会社は、8社。(直近で辞めた会社も含む)

そのほとんどが、中小、零細企業になります。

私は独身であるため、固定費が安く、給料の金額にはそれほど縛りはなく、次の会社への再就職には、これまでは、それほど苦労はしませんでした。

 

私が、8社の会社を辞めた理由

私が、これまでの会社を辞めた理由を話したいと思います。

キャリアをスタートさせた技術職時代の会社は零細企業のシステムハウスで、

平成不況も重なり、そのほとんどの会社が残っておりません。

当時の私は、若く、技術力も無かったため、会社が傾きかけた際、経営者から、残るか、辞めるかの選択を迫られ、お世話になっていた先輩技術者を頼り、一緒に、次の会社へと渡り歩いておりました。

その先輩技術者とも別れ、技術職を辞め、営業職に転じたのは、27歳になります。

その先輩技術者と別れた理由は、再就職した会社が、いわゆる、ブラック企業だった

ためです。零細企業のため、あらゆる業務をこなす必要があり、残業も多く、付いていけなくなりました。

営業職になってからは、5社の会社を渡り歩きました。

辞めた理由は、そのほとんどが、自社内の人間関係になります。再就職した会社が、中小、零細企業だったため、その会社の社長、直属の上司 及び 他部署の社員との相性は、入社後でないと分かりません。暫くは、嫌なことも、給料の内、と耐えて我慢しておりますが、そのうち、耐えられなくなり、退職ということになります。

我慢が足りないと叱られそうですが、仕方ありません。

「人は自分のためには頑張れない」と誰が言っていたと思います。

例え、結婚して守るべきものが出来たため、我慢を重ね、最後は、精神的に病んでしまい、結局、みんな不幸になったでは、目も当てられないです。でも、この例えは意味が無い様に思います。私の別の人生なんて、誰も分かりませんので。

 

これからの事。再就職への道

8月31日付けで、無職になりましたが、このままでは、食べていけません。

再就職に向け、早速、動き出したいと思います。

キャリアの長い営業職の再就職活動も行いますが、もうひとつの分野として、大型自動車のドライバーも、視野に入れたいと思います。理由は、下記になります。

 ・流通業は、慢性的な人手不足

 ・大型自動車免許の取得等の専門性が高い

 ・そこそこ、給料が高い

未経験のため、どうなるか分かりませんが、現在52歳、あと10年は、体力が持つと思います。もちろん、体のメンテナンスも行います。大好きな酒も止めようと思います。(ちなみに、タバコは吸ってないです)

 

今回のまとめ

最後まで、読んで頂き、ありがとうございました。

今回、初めての投稿につき、稚拙な文章で、申し訳ございませんでした。

もうひとつの再就職活動先として、大型自動車のドライバーの免許取得については、

来週より、合宿に行ってきます。その間の教習内容等については、随時、投稿しようと思っております。

では。

タイトルとURLをコピーしました