【自動車学校編5】仮免許試験。第1の難関。果たして、結果は?

自動車学校編

こんにちは。けいぞうです。

いよいよ、第1の難関。仮免許試験(修了検定)の日がやってきました。

昨晩は、久々に緊張して寝つきが悪く、やや寝不足気味で、朝になりました。

52歳のおっさんだけど、試験というのは、やはり、緊張します。失敗しても、命を奪われるわけではないので気楽に臨めばよいのですが、元来の緊張しやすい性格が、ここでも、顔を出します。

果たして、結果は...

 

仮免許試験に臨む。そして、結果は?

仮免許試験が実施される前に、試験のコース説明、注意点などの説明があります。

この日の試験人数は、大型、普通自動車も含め、25名程度でしょうか?、普通自動車の仮免許試験を受ける若い子達に混じり、大型自動車の試験人数は、3名です。私以外の2名は、40歳前後くらいでしょうか?、いずれにせよ、52歳の私は、いかにも、場違いな感じです。まぁ、人ぞれぞれ、いろいろな人生がありますよ。健康で、犯罪者にもならずに(当たり前ですが)、52歳まで生きてこれましたから、一応、これまでの人生の選択は間違ってないと思ってます。これからも、そうでありたい・・・

さて、仮免許試験の結果ですが、不合格でした。

理由は、左折の際、後輪が縁石を踏んでいたようです。バックミラーでは確認しており、ギリギリ、イケると思ったのですが、踏んでいたようです。あと、右左折の際、リアオーバーハング※のバックミラー確認を怠っておりました。これは、完全に忘れておりました(緊張のせいか?)。リアオーバーハングは、これまでの普通自動車での運転時、右左折の際、ほとんど、バックミラー確認は実施しておりませんでした。今回の技能教習で、初めて知った単語になります。

ちなみに、私以外の2名は、合格したようです。

※リアオーバーハング・・・後輪から飛び出したリアの荷台の長さのことで、この飛び出た部分が、右左折時にはみ出して、思わぬ衝突を招くことがあります。

 

補修教習。そして、再度の仮免許試験に臨む

仮免許試験に不合格になったので、補修教習を受けます。今回の試験を採点した教官が、補修教習を担当してくれます。不合格の理由を丁寧に説明してくれ、試験対策を教えてくれました。

さて、仮免許の再試験結果ですが、無事、合格致しました。

ひと先ず、第1関門の突破です。

 

今回のまとめ

4日前に、初めて、大型トラックを運転した時は、上手く運転できるか、かなり不安でしたが、1日の遅れで、何とか、仮免許を取得出来ました。次の技能教習からは、路上教習に入ります。通常の道路交通法に則った運転が要求されますので、更なる不安とプレッシャーがかかります。

路上教習での内容については、別途、投稿致します。

では。

断酒、13日目です。

 

タイトルとURLをコピーしました